賃貸管理会社への委託方法について

賃貸経営は、それを仕事として行っている人も多いと思いますが、多くの人は副業として行っている場合が多いと思います。

仕事として行っている人も賃貸管理を管理会社に委託することが多いと思いますし、副業として行っている人の場合は、ほとんどの場合は管理会社に賃貸管理を委託していると思います。

賃貸管理会社に委託する方法としては、どこまで委託するかによっていくつかのタイプに分けられるようです。

入居者の募集だけを委託する場合は、一般媒介と専任媒介という方法があるそうです。

一般媒介というのは、一つの会社だけに入居者の募集を委託するのではなく、複数の会社に委託する方法だそうで、より多くの入居希望者を斡旋してもらえるというメリットがあるようです。

専任媒介は、信頼できる会社を見つけてその会社に入居者募集に関するすべてことを依頼する方法で、信頼できる会社があれば、こちらの方が良いように思います。

募集だけでなく入居者の審査なども委託する場合は、専任媒介の方が良いようです。

賃貸経営で、入居者募集だけを委託する方法以外にも、入居者の募集だけでなく、家賃の集金や滞納のチェックなど入居者に関することをすべて委託するという方法もあるようです。

集金管理専任媒介というそうですが、この方法ならば入居者からの集金や滞納などの処理も管理会社が行ってくれますから、賃貸管理の煩わしい業務の多くは管理会社が行ってくれることになります。

また、家賃の滞納があった場合に何カ月分かは保証するようなサービスをもうけている会社もあるそうですから、そのようなサービスがある管理会社を選べば、家賃の滞納があった場合も、安定した収入が得られることになります。

他には、一括借り上げとかサブリース契約というような方法があるそうです。

この場合は、管理会社が契約期間の間は、家賃を補償してくれることになりますから、本来得られる家賃収入よりは少なくなるようですが、入居者の有無に関わらず一定の収入が得られますし、賃貸管理についてもすべて管理会社が行ってくれるようです。