賃貸管理会社のタイプについて

賃貸経営を成功させるためには、賃貸管理をきちんと行うことが大事になってくると思いますが、これを自分で行うというのは、かなり大変な作業になってくると思いますから、それを行ってくれる会社を見つけて委託するのが一般的な方法になっているようです。

ある記事に書かれていたのですが、賃貸管理会社と言ってもいくつかのタイプに分けられるそうです。

その種類によって得意とする管理業務が違ってくるそうですから、そのような点も考慮して選んでいくと良いようです。

例えば、ハウスメーカー系の会社の場合は、もともと住まいを建てる会社ですから、建物の管理やそれに付随している設備の管理を得意しているようです。

また、デベロッパー系の会社の場合も、建物の管理や設備の管理を、得意としているそうですし、それに加えて賃貸事業全般についてもいろいろなノウハウを持っているところが多いそうです。

どちらも、自社や同系列の会社が建てた建物の管理を請け負うことが多そうですから、設備のメンテナンスには強いようです。

賃貸管理を行う会社のタイプには、ハウスメーカー系やデベロッパー系の他には、仲介会社系とコンサルティング系の会社があるそうです。

仲介会社系の場合は、いろいろな不動産を仲介していますから、入居者の募集が得意としているそうですし、入居者の管理も得意としているようです。

もう一つのコンサルティング系の会社の場合は、効率の良い賃貸経営を行うノウハウを持っているところが多いそうですから、その面でいろいろとサポートすることを得意としているようです。

購入した物件に適した賃貸管理会社を選ぶためには、その会社の得意な分野を把握する必要があると思いますが、その時にどのようなタイプの会社なのかを調べて、得意な分野を知る参考にできるのではないかと思います。

当然、それぞれの会社によって特徴が違ってくると思いますから、このようなタイプの会社だからという理由だけで賃貸管理会社を決めることはできないと思いますが、どのようなタイプの管理会社かを知っておくのは無駄ではないように思います。